ウッドベースの、とある弦だけ音の抜けが悪い時に疑ってみること – ヘッドの弦の巻き方編

3ヵ月以内

私のウッドベース、A弦だけ音の抜けが悪く「詰まっているような音」で悩んでいました。音程感が無く、ドコンドコンという音がします。
この楽器の癖なんだろうと諦めていたのですが、ふとある事に気付きました。


左から2本目のA弦ですが、ナットの上、ヘッド内の糸巻きに向かって左方向に若干折れてしまっています。


よーく見てみると、サドルの溝の中でも左方向に折れて壁にぶつかっているのが分かります。物理的に計算したワケではないですが、何だか直感的にこれは良いことでは無い気がします。

なぜこのような醜態になっているかというと、3年半前に素人である私が自分で弦交換したからです。

ウッドベースという楽器は、どんな調整を施してもその効果が分かりづらいという悩みがあるものですが、これを巻き直すくらいだったらコストゼロだしまぁいいか、と期待せずでやってみました。


A弦が糸巻きに向かって真っ直ぐ、ナットの溝に沿うようにしました。
ヘッド内の巻き方が全然美しく有りませんが、素人なのでいったん良しとします。

結果ですが、
微妙に改善したように思います。

弾いてて「A弦だけ明らかに他の弦と響きが違う」という感覚が薄まりました。もちろん音色が根本的に変わるみたいな劇的な変化は無いですが、ストレスが減りました。思ったよりは効果があってびっくりです。この3年半はなんだったんだ…。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント