デジタルとWEB

UX DAYS TOKYO 2019に行ってきた。こういうカンファレンスはここ2年くらい避けてきたが、久し振りに行ってみると意外といいもんだなと思った。 このイベントも大型UX系カンファレンスの例に漏れずメタ原則論のプレゼンテーションではある。なので「明日から使える実践ノウハウ」を期待した人には抽象論に聞こえたかもしれない。 ただ、これでも一応UXデザインだのサービスデザインの手法、プロセス、メト…続きを読む

TwitterのiOSアプリ、YouTubeのiOSアプリと続いて、第3弾はGmailをやってみた。そして今回はふと気が向いてAndroid版としてみた。 以下の方針は第1弾、第2弾と同じ。 UIの「サイズ」にフォーカス (自分の土俵は情報&UIの構造設計なので) カラーリングやフォント解析はビジュアルのプロに任せる ただし今回はAndroid版ということで、手持ちのPixel3からスク…続きを読む

第1弾でTwitterのiOSアプリをやり、第2弾では日々かなりお世話になっているYouTubeのiOSアプリをやってみた。たぶん私にとって起動時間が長いアプリトップ1&2だと思われる。どうでもいいわ。 以下の方針はその1と同じ。 UIストラクチャの「サイズ」にフォーカス (自分の土俵は情報&UIの構造設計なので) カラーリングやフォント解析はビジュアルのプロに任せる iPho…続きを読む

私はデザイナーではなく、元々はIA(情報設計者)でありかなりバリバリと要件定義レベルでワイヤーフレームを書いていた。最近は会社の事情でUXストラテジストとやらを名乗らされている名乗っている。 UXストラテジーとは何なのかという話は置いといて(というか私にもハッキリした定義がない)、爆速でプロトタイプを作る工程は恐らくこれからも残るであろうから、UIのキャッチアップは行っておきたい。…というのは半分…続きを読む

共同主催だったり、主催から呼ばれてヘルプでテーブルファシリをする、みたいな形で10回以上はワークショップに参加させてもらってきましたが、先日、ようやく自分の単独プロデュースでクライアント向けワークショップの企画・運営・ファシリテートする機会を得ましたので、そこで得た気づきを残しておきます。ちなみに、お題は「カスタマージャーニーを作ろう」という、まぁ至極よくある系の話でした。 慣れてる人にとってはか…続きを読む

バリバリの武闘派(?)インフォメーションアーキテクト(IA)としてキャリアを積んできましたが、最近、肩書が変わりました。私が見るチームがIA以外の領域にも広がったことで、一応リーダーとしてIAより広い領域の方がいいかなぁと思ったからです。 ほんで、1年くらい前まであれだけ嫌いだった「UXなんちゃら」という肩書についにジョブチェンジしてしまいました。なぜ嫌いだったかというと、理系出身からすると言葉が…続きを読む

一応IA(インフォメーションアーキテクト=情報設計者)として飯を食わせてもらってますので、ウェブサイトのヒューリスティック調査の依頼とかよく依頼が来ます。で、たまーに他社さんがやられたのとかを拝見することがあるんですが、ずっと疑問だったのが、スコアつけてグラフ化したやつ。 こういうやつです。評価項目は至極適当です。気にしないでください。 こういうの、今まで一度もピンと来たことが無いので、この際この…続きを読む

ここ4年くらいずーっと思ってたことなんですが、ワイヤーってパワポじゃなくてphpで書いた方がいいんじゃないか。ということで、今やってる大規模コーポレートサイトのリニューアル案件で実践してます。 ウェブサイト設計の業界メインツールはパワポだと思うのですが(なんかいいツールがあれば教えてください)、単発キャンペーンサイトならまだしも、コーポレートサイトの設計をやる場合は主に以下の点でめんどくさいです。…続きを読む

知らないうちに名刺に「インフォメーションアーキテクト」という肩書きが加わってました。いちお「プロデューサー」もついているので、ダブル肩書きでなんか嬉しい感じです。 村越師匠を近くで見ていて、到底この人と同じ目線で情報設計を語れる自身はないし、というか俺といえばただワイヤーを量産しまくるくらいが取り柄なので、なんだか分不相応感がビシバシしてます。 ただ、人は与えられた役割にすり寄って行くというか、「…続きを読む

会社関連で縁がありまして、関係者という立場でWorld IA Day@東大へ行って来ました。 前の会社(プロダクション)ではガリガリのワイヤーフレーム書きで、自分のことを設計屋とかぬかしていたものです。で、エージェンシーへ転職して1年経ってからあの頃を振り返ると、「あれは果たしてIAと呼べた仕事だったのかしら」という思いがふつふつと湧いて出てきてたのが最近のこと。巷で目にする情報設計やIAという単…続きを読む

1 / 212