タグ 「ウッドベース」 の記事

重くてデカくて目立たない超マイナー楽器のウッドベースですが、こともあろうにこんな楽器を海より深く愛してしまったがために、機材やピックアップ、録音方法とかその他雑学の記事たちをたくさん書いてます。これからも書いていくと思います。

ということで念願のリアリスト「SoundClip」を買ってやりました。 この円高の時期、どう計算しても東京の楽器屋よりかなり安く買えるので、思い切って海外の楽器屋さんに直接注文しました。 購入先はウッドベース専門店のGollihur Musicです。 (たぶん)ニュージャージーにあるウッドベース屋さんのようです。 初めての海外通販なので、 到着時間(よもや半年以上かかるということはないか) 商品の…続きを読む

およそ1年前に書いた記事へのコメントで、通りすがりの方からラリーグレナディアの機材を教えてもらったので、今になってまとめてみた。 マイク:CMC641 / SCHOEPS サウンドハウスで198,000円なり。 高いですね… ちなみに、こんなたいそうな箱に入ってるようです。 ↓ マイクホルダー:explorAUDIOのベース用の たぶん「LiveBass H-clamp Light」のことかと。 …続きを読む

今日は自分の3倍近くの年代の方に囲まれてライブしてきたわけですが、その中に相当な機材マニアの方がおりまして。 そのおぢさまに「これいい音するよ!」と進められるがままに使ってみたのが、realist(リアリスト)の「SoundClip」。 これですな。 E線側の駒の足を挟んで使います。 かなりいい音しました。 いやもちろん生音と同じとは到底言えませんが、自分が目指す「膨らみのあるアタック感」に、今ま…続きを読む

ウッドベースの側面をポコポコ叩いて録音してみました。

Larry Grenadierが使っているという噂を聞き一大決心して購入したelectro voiceのダイナミックマイクre-20、買って1年半くらいしてようやく最近使い始めるようになりました。 どうやら世界的な名器と呼ばれ楽器レコーディング以外にもTVやラジオ放送で用いられるらしいこのマイクですが、自分の用途はもっぱらウッドベースの録音専門です。 で、シールドの付け根あたりに何かの切り替えスイ…続きを読む

ねんがんの アジャスターをてにれたぞ! (ロマンシング サ・ガ名言集より) 東京に来て2年間放置していたウッドベースを、ついに調整に出した。 お相手は高崎弦楽器さんです。 弦楽器工房高崎|コントラバスの修理、弓等のパーツ販売、その他ウッドベースのご相談もどうぞ。 納浩一さんのサイトでも紹介されていて、学生時代からずっと行ってみたいと思っていたウッベ屋さんでした。 お伝えしたポイントは、シンプル。 …続きを読む

そもそもウッドベースという楽器はアンプから音を出すように作られていないわけでして、しかも競技人口の驚異的な少なさからしてメーカーも研究したくないし大した製品も出ていない。ウン万とかするピックアップ試してみたけど「うーん、自分のよりはいいな」程度。 マイクで拾えば一番いい音するに決まっとるけど、ドラムの音まで拾うのをどないすんねんという話になる。 ということで、ピックアップ+アンプという環境で「Ch…続きを読む

人生2本目のウッドベースです。 (1本目はチャキのベニヤのやつ) reghin(ルーマニアの地名らしい)の4/4サイズでフラットバック。 大阪・京橋の横野弦楽器さんで予算に合うものがこれしかなかったというのと、マット仕上げの見た目が気に入ったので購入を決意。 大学4年の夏でした。 たしかちょうど30万くらい。 調整前は はっきり言って、オリエンテに比べると使い勝手が悪いです。とにかくバッキバッキの…続きを読む

最近、ベーシスト熱がにょきにょきと再び顔を出し始め、録音用の機材や、学生時代はあんだけ見向きもしなかったコンパクトエフェクターとやらを買い漁っています。 ↑きっかけとなったのはTASCAM GT-R1である。 ベースとかギターのトレーニング用レコーダーです。 マイナスワンとかに合わせてオーバーダブできるのが購入のポイントでした。 「これでレコーディングできるやん!」と思ってベースだけの多重録音で作…続きを読む

3 / 3123