ギタージャズコードを1-4弦で押さえるヴォイシングパターン

1ヵ月以内

宇田さんというジャズギタリストのYouTube動画で「コードひとつひとつに1弦がルート、3rd、5th、7thの4パターンの押さえ方がある」と紹介されていて「確かに」と膝を打ったので、その抑え方パターンを図にしました。※参考動画は記事の最後に。

5弦か6弦からルート音を探しそこから積み上げる形で覚えるとフォームが1パターンに固定化されてしまうので、プレイアビリティを優先した押弦パターンを覚えておくとバリエーションが増えて良さそうです。あと、ベーシスト的には「ルート音はベースが弾きますんで!」という意識がどうしても働いてしまうので、ギターはもっと自由なヴォイシングを選択頂きたいという思いもありますし。

では紹介していきます。

メジャーセブンスコード

メジャーセブンスコードの押さえ方パターン
パターン3はめちゃくちゃ左手がつらいです。

マイナーセブンスコード

マイナーセブンスコードの押さえ方パターン

セブンスコード

セブンスコードの押さえ方パターン

マイナーセブンフラットファイブ

マイナーセブンスフラットファイブコードの押さえ方パターン

以下はついでに作った補足です。

ディミニッシュ

ディミニッシュの押さえ方パターン
まぁディミニッシュは当然全部同じになるんですが、これを覚えておくと「ルートが1-4弦から探せたらすぐ押せる」というメリットがあるかもです。

メジャーマイナーセブンス

メジャーマイナーセブンスコードの押さえ方パターン
ほとんど出番が無いコードですが、たまたま最近採譜した曲に登場したので作りました。

参考動画

宇田さんの動画は好きでよく見ます。
完全にブランキーの影響で東海訛りに無条件で良い印象を持ってしまうので、喋りに癒やされます。