webとデジタル

ニューヨークでサックス奏者として活躍をしている山中一毅が1stアルバムをリリースするということで、彼のオフィシャルウェブサイトを制作しました。 知り合いのミュージシャンの中でも最大級に応援している彼から幸運にも依頼してくれたということで、自分の持ってるウェブサイト制作の知識を総動員して頑張って制作しました。 構成: 冒頭のYoutube映像を流しっぱなしでコンテンツを見られるように、今流行のロング…続きを読む

最近よく見るようになりましたエフェクトの実装方法です。 海外のオシャンティーなウェブサイトは必ずといっていいほど取り入れているように思います。 デモ作りました。要するにこういうやつです。 基本的な考え方 アニメーションはcss3のtransitionで制御する アニメーションの開始トリガーをjsで制御する という感じで、css3とjsのあわせ技で頑張ります。 具体的なマークアップ html 何の取…続きを読む

夜中のテンションで、ふとベーシストの巨匠達のウェブサイトを狂ったように見てみました。 せっかくなので、トップページのキャプチャを一挙まとめておきます。ついでにデザインや設計、ソースコードの観点で生意気にもコメントも寄せておきました。 たぶんこんなことしてるの世界で俺だけだろうと思います。 ジャズ・フュージョン界隈の巨匠たち 特に意味は無いですが、年齢順で並べました。 Charles Mingus …続きを読む

久しぶりのサイト制作ネタです。 ちょくちょくプライベートでサイト制作をすることがありますが、スマホ対応方法はもうレスポンシブ1択でやらせてもらってます。 だいたいバンド用のウェブサイトを作ることが多いのですが、メンテナンスにコストをかけれないし、CMSを入れるにも、お客さんが扱えないことが多いこともあって、運用考えるとレスポンシブでええわな、という感じです。 あと、俺がめんどくさがりというのも大き…続きを読む

以前、スマホサイトの全画面キャプチャをとるアプリということでWebCollectorというのを紹介しました。 スマホサイトのページの全画面キャプチャを撮るアプリ、WebCollector ほんで次はスマホアプリの全画面キャプチャが30枚くらい撮る必要があって、「どないすんねんこれ…」と途方にくれてたら、会社の先輩からいいアプリを教えてもらいました。 その名をpiiicといいます。 1スクロールずつ…続きを読む

モバイルファーストとは2009年にLuke Wroblewski(ルーブ・ウロブルスキーと読むらしい)が言った言葉らしいですが、それからすでに5年経ちました。 当サイトもすっかりスマートフォンでの閲覧数がPCに肉薄するぐらいの勢いで、だいたいPC:スマホ=10:9くらいの割合になってます。 こんな感じです。 で、スマホ使う人増えたなぁとだけ思ってたんですが、ふと記事別PVをPCとスマホに分けてみた…続きを読む

最近目に見えてアクセス数が増えていると思ってたけど、ようやくこの際ちゃんと調べてみようと思ってgoogle analyticsをまじまじと見てみました。 そしたら5月後半からgoogle検索経由のセッション数がグングン上がってることに気付いて「はてはgoogleに何かアップデートがあったな」と思ってググったら的中。 Google、パンダアップデート4.0 & ペイデイローンアップデート2…続きを読む

ひょんなことから自宅PCにofficeを入れることになりまして、インストールを試みた。 そしたら、こんなメッセージが出た。 管理者特権が必要です インストールするには、コンピューターに変更を加えるための管理者特権が必要です。 もう一度この製品のインストールを実行して、メッセージが表示されたら必要な情報を付与してください。 インストール時にこれらの権限を付与できない場合は、システム管理者にお問い合わ…続きを読む

レスポンシブWebデザインは設計さえちゃんとしてれば実装も運用もラクチン(あくまでマルチデバイス対応という視点で言えば)ということで、私は会社仕事でもプライベート案件でも積極的に利用してる手法です。 でも最近は、この手法がパフォーマンスの観点からそれベストなのか、的な議論もありますね。まぁそういったレスポンシブの是非については別稿に譲るとして、レスポンシブとは切っても切れないブレイクポイントについ…続きを読む

ビクターエイテンメントからメジャーデビューも決定し、テレビ東京系「neo sports」のテーマソングにも取りあげられたりと、泣く子も黙る快進撃を続けるFIRE HORNSのオフィシャルウェブサイトを制作しました。 サックスのジュニア(近藤淳也さん)とは大学時代のジャズ仲間でして、そのご縁でご依頼頂きました。 fox capture planと同様デザイナーには須田悠さん、コーディングは今回私が担…続きを読む

2 / 91234567...9