人生最高のRPGはと言われたら、迷わず天地創造(エニックス)と答える

大昔の話ですが、当時できたてほやほやのニコニコ動画というサービスに初めてアクセスした時、私がまず最初に検索したキーワードは「天地創造」でした。10年以上前に発売されたRPGの音楽が誰かの手によりアップロードされていること(違法だが)と、愛に溢れたコメントを見て、震えた事を今でも覚えています。

というくらい、天地創造は自分にとって、何というか、大事な作品です。

さて野暮な話をしますが、自分にとって最高RPGはタイトル通り天地創造です。No.2と言われたらクロノクロスです。3位以降は決められないのですが、思いつく限り、ドラクエ4、フロントミッション、ライブアライブ、初代ペルソナあたりが入って来るかなと思います。全部スクエニだな。

こうして振り返ってみると、エンディングを見ても明快な答えが得づらい作品ばかりがラインナップされているようです。10〜20代はまぁいろいろこじらせていたので、自分の気持をより複雑にするものに惹かれていたのかもしれません。

この作品、ゲームデザインという視点で言うとバランスが良いとは言えません。SFC最高レベルに美しいデモカットが序盤で全部使われてしまったり、同系統デザインのゼルダに比べて爽快感の薄いアクション、難易度のピークが中盤にある(ブラッディマリーのこと)など目につくところも多く、同時期のドラクエ6やクロノトリガーの影に隠れざるを得なかった理由も分かってしまう。

が、一部の界隈でこの作品が伝説になっている理由があって、それはエンディングがあまりに神がかっているからです。ここでのストーリーテリングは破壊的と表現できるレベルで完成度が高いものです。

エンディング動画を貼ります。経験者なら10人中10人が泣くと思うんですが、未プレイの人がどういう感想を持つのかも聞いてみたい。

都合によりYouTubeを貼っていますが、ニコニコ動画でみんなのコメント見ながら鑑賞した方が遥かに破壊力があります。今見ても泣ける。24年前のゲームだぞこれ。

ストーリーで泣きたければ映画見ればええやん、と思われる方も多いと思いますが、私にとってはそれは体験として別のものだからしょうがないとしか言いようがありません。
30時間というプレイ時間の積み上げの先に、自分がこの手で操作してきた主人公が消え去るというオチの落差こそが、他のメディアでは不可能でRPGにしかできない気持ちの揺さぶり方に他ならないのです。少なくとも、天地創造はその揺さぶりが最も大きく、最もエンディング後に悩んだゲームでした。だから私にとって最高のRPGなのです。

天地創造は海外ではTerranigmaというタイトルでリリースされています。どうやら米国では未発売で、ヨーロッパで発売されたようですね。YouTubeでの海外の方のコメントで知りました。
昔、海外のフォーラムで絶賛されてたのを見たことがあり、こじらせがちな日本人に比べて単純明快なストーリーが好きそうな海外勢(失礼!)にも、一定数のファンがいるということで嬉しくなったものです。

なんとレビュー動画ありました。2019年にもなって思い出してくれる人がいるだけで泣きそうになります。なんだこの製作者みたいな感想。
英語ヒアリング練習を兼ねて何度か拝聴しようと思います。

ちなみに、現在プレミアがついているサントラは、発売直後に定価で買いました。

サントラ買って初めて、エンディングBGMのタイトルが「帰路」、THE END画面のBGMタイトルが「帰るべきところ」であることを知るわけですが、この曲名を知った時は鳥肌が立ったのを今でも覚えています。改めて「一周したんだ」という運命的なつながりに気付かされた瞬間でした。

当たり前のように、人生最高のRPG音楽はと言われても秒で天地創造と答えます。
作曲者の小林美代子さん(現在は高橋姓)をTwitterで拝見して思わず感謝のメッセージを伝えてしまった事は今でも覚えています。ブランキーのベーシスト、照ちゃんのショップに言って「あなたのおかげでウッドベース始めました」と伝えたのと同じ感動がありました。

…と思ったら、なんと作曲者本人(ピアノ)とヴァイオリンの演奏動画があるではないか。

すぎやまこういち指揮のドラクエコンサートがそうであるように、作曲者による演奏というコンテキストは唯一無二性を持ちますね。感動した…。
作曲者自身がまだこの音楽を愛していることが、こっちにとってもヤバいくらい嬉しいです。語彙に乏しい。

※ 2019年8月17日 大幅加筆しました。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント