タグ 「楽譜」 の記事

Far East Suite(東方組曲)よりAmadを採譜しました。以前採譜したMatumbaと同様、山野ビッグバンドジャズコンテストで受賞した時に演奏した曲でして、エリントンの中でも特に思い出深い一曲となっております。 久しぶりに聴いてみたら、「なんだこの死ぬほどかっこいい曲は」とびっくりしました。エリントンは歳をとるほど良さが分かる気がします。というかこのアルバム全曲が抜群にかっこいい。大学生…続きを読む

ゲーム音楽ベースTAB譜(とコード)シリーズです。今回はスト2をやりました。 こう言うと怒る人もいるかもですが、個人的にはいまだに格ゲーBGMの金字塔だと思ってます。RPGゲーマーとしては下村さんはライブアライブの印象が強いですが、この作品も歴史に残る仕事と言えるんじゃないでしょうか。 スト2ターボSFC版の音源準拠です。アーケード版の音源の方が好きですが、バスドラの音がでかすぎてベースがほとんど…続きを読む

ロマサガ1と2と採譜したので、3もやりました。今回はコードもとりました。相変わらずベースラインの採譜よりもコードの検証の方が5倍くらい時間がかかっています。 全体的に、ロマサガ2に比べて弾きやすいアレンジが多いように感じます。 目次 バトル1 / Battle I バトル2 / Battle II 四魔貴族バトル1 / Devil Lord Confrontation I 四魔貴族バトル2 / D…続きを読む

ロックマン2に続き、ロックマン4も耳コピしたい衝動が止まらず、やりました。なお作業時間の8割はコード採りに費やされています。 発売からほぼ30年経つこのゲーム、きっちりTAB譜にして公開したのって世界で私が最初なんじゃないでしょうか。 さてロックマン2は生身で弾ける曲があまり存在しませんでしたが、ロックマン4はさらに難しいです。弾ききるのはジョンパティトゥッチやビクターウッテンに任せましょう。 楽…続きを読む

発作的に耳コピしたくなり、音とりしました。 FC音源のベース音をとるのは初めてですが、マジマジと聞いてみると、エレキベースで言う4弦や3弦の音はほとんど使われていないという発見がありました。この音源で鳴らすと重たくなりすぎるのでしょう。 あとロックマンBGMの特徴として、ベースパートを瞬間瞬間でパーカッシブな音に変化させてドラムのタム音のような効果にしています。ウッドマンステージのイントロ4小節は…続きを読む

ロマサガ1の譜面と同時期にほぼ作り終えていたのですが、一部どうしても採れない音があるという理由でお蔵入りになっていました。 なんですが、よく考えたら自信無いところは「自信無い」って書いて公開すればいいじゃないとふと思いつきまして、公開してみます。 全体的な傾向として、ベースなのにアルペジオっぽいフレーズが多く、多くというかほとんどそれで構成されており、曲中に休みどころがありません。左手が釣りそうで…続きを読む

FFに続いて当然、ドラクエもやります。「アルトリコーダーに吹きやすいように移調する」のと「レパートリーを忘れないようにする」のが目的です。 改めてサントラを聴きました。リコーダーで吹き甲斐のある曲がなんと多い事でしょう。オーケストラでの演奏を前提に作曲されたからでしょうね。インタビューですぎやまこういち先生が「ファミコンの音源であっても、ホルン的なフレーズを演奏すれば、ホルンに聴こえる」と言ってい…続きを読む

私がアルトリコーダー用に耳コピしたゲーム音楽を譜面として残しておきます。 この楽器、2オクターブしか出ません。ので原曲キーで厳しいものはアルトで自然に吹けるように移調しました。 あとは単に私がレパートリーを忘れないようにしたいという裏目的があります。 さて今回はファイナルファンタジーより。 なお私、リコーダーを始めて4ヵ月くらいしか経っていないので16分音符が吹けません。そういう曲はスキルアップし…続きを読む

I made a flat(♭) transparent png image from font “Jazz Text”, also added sharp(#). 譜面を書く際に Jazz Text というフォントを愛用しているのですが、問題がありまして、フラット(♭)がテキストで入力できません。海外のフォーラムでもこれで悩んでいる方は多いようです。そもそもこのフォントに…続きを読む

Duke EllingtonにMatumbaという曲があり、かなり珍しい事にベースのソロがあります。しかもオープンソロ。 エリントンの中でも相当マイナーだと思われます。その証拠にYouTubeにこの動画がアップされてから6年間で25回しか再生されていません。しかもそのうち最低5回は俺です。In Concert 1960というアルバムのテイクしか存在しない模様です。 この曲を知ってたら「おっ、君はエ…続きを読む

ジャズバンドをやらなくなってしばらく経ったのですが、なぜか急にここ10年くらいやってなかったウォーキングラインを耳コピしようと思いたち、やってみました。 第1回目として選んだのは、Kenny Dorham の”Lotus Blossom”。ベーシストは俺の中での「キングオブウォーキングベース」のポール・チェンバース。 どうでもいいですが、全く同じタイトルのスタンダードをビリ…続きを読む

2019年は「新体験にチャレンジしよう」がテーマですので、かねてから死ぬまでに一度はやりたいと思っていたオーケストラでウッドベース(いやオケの流儀だとコントラバスか)を弾く、という挑戦をしてみました。まぁまだ見学行ったくらいですが…。 そこで予想通り、面食らったのが譜面です。 経験者ならご存知の通り、ジャズだと例えフルバンであっても書いてあるのはだいたいコードとキメのパターンくらい。恐らく全楽器で…続きを読む

1 / 212