ドラクエ信者なのに、ドラゴンクエストライバルズを1週間で辞めてしまって凹んだ話

3ヵ月以内

タイトルで言った通りのことが起こりました。さて人生レベルでドラクエを愛してやまない私が何故こんなことになったのか、ちょっと考えてみます。

ゲームの出来が悪いのか

いや、全くそうは思いません。少なくとも俺が過去にやったスマホゲーの中でもかなりしっかり作られている部類に入ると思います。

過去ナンバリングタイトルのキャラクターがぞろぞろ出てくるのはおっさんドラクエプレイヤーとしては垂涎モノですし、ボイスはドラクエヒーローズで耐性ついたし、それぞれ魅力的に描かれていると思います。


またグラフィックも相当綺麗に作られていると思います。このゲームをプレイする前から感情移入に成功してしまっているキャラ達がぐりんぐりん動くのは単純に嬉しいです。

肝心の戦闘システムも良くできていると思います。
長くプレイすることでちょっとずつ強いモンスターカードやスキルカードを揃えるという、長期的なプレイヤー成長要素をベースにした上で、

  • キャラの得意不得意に合わせてデッキを構成する先述要素 = プレイヤー依存
  • カードの配役次第で格上の相手にも一発逆転できるチャンスがある = 運要素

のバランスは結構いいなと思いました。
格上に勝ったときはむちゃくちゃ気持ちいいです。逆に、あれよあれよと逆転されたときはむっちゃくちゃ腹立ちますが。

スマホゲーにまだ馴染めない

スマホゲームと呼ばれるものは、過去には「ドラゴンクエストモンスターズ」、「FFRK(ファイナルファンタジーレコードキーパー)」、「ピクトロジカファイナルファンタジー」あたりをやってきましたが、ほとんど数週間以上続いたことがありません。
じゃあFCやSFC時代のレトロゲー以外を愛せない体になってしまったのかと言われるとそうでもなく、去年に発売されたドラクエ11は驚くほど面白くて一夏に可処分時間の全てを費やしてしまいました。

どう考えても、単純に俺という人間とスマホゲーの相性が悪いっぽい。

というか十把一絡げにスマホゲーというより、何というか「闘技場ゲー」とでも呼んだ方がいいのかもしれない。よくある「ガチャひいて、カード集めて、ひたすらバトルを繰り返す」系のやつ。なぜだか分かりませんが、ドラクエもFFのビッグタイトルはこの闘技場ゲーに過去タイトルのキャラクターを総出演させたがる共通という傾向があります。

RPG脳の人間から見た、闘技場ゲーに無いもの

自分がアホみたいな時間をかけてハマったRPGと、昨今の闘技場ゲーがどう違うのかなーと考えて思いついた要素は以下の通りです。

かけた時間に成果が比例しない

まぁ要するにガチャのこと。過去やったスマホゲーの中でFFRKだけは一番長く続いたのですが、貯めに貯めたクリスタルを年末のキャンペーンにつぎ込んで50連ガチャをやったらレアな武器が一つも出なくて、もうすぐ辞めました。
で、よく考えたら過去に死ぬほどやってきたRPGで上手くいかなかったからといってプレイを辞めた経験ってないようなぁと思うと、RPGって時間をかければかけるほど特定の成果に近づくことが保証されているのであって、そこは闘技場ゲー(というかそのシステムの一部であるガチャ)とは根本的に異なる点だなぁと思います。

恐らく、RPGのエクスタシーって、努力して「確実に」ボスを倒すことだったり、お金を稼いで「確実に」強い武具を買う、というのがあるんだろうと思います。

まぁ俺がそんな価値観なものだから、逆に縛りプレイそやったことは一度もありません。動画で見る分にはおもろいですが。

探索行為が無い

うーん、と考えて発見があったのがこれ。ダンジョンやフィールドを歩き回るという要素が無いこと。いや当たり前やんと思われそうなものですが、自分がこの要素に価値を見出していたというのが発見。
RPGやりまくってた当時は、「成長してボスを倒して感動する」ことにエッセンスがあると思っていたのだけど、今思うと「自分の手でキャラクターを操作する」感覚って没入するために極めて重要なんだと思わされました。

ストーリーとドラマが無い

まぁこれは言わずもがな。やっぱり自分はRPGにはストーリーを求めているようです。

RPG好きがまだいるうちに

上で挙げた「闘技場ゲーに足りないもの」はあくまで星の数ほどいるRPGゲーマーのうちの一人の価値観で言っているにしぎないわけですが。
ドラクエやFF、ロマサガみたいなビッグネームがこの手の闘技場ゲーに手を出すのはいいとして、これにハマるのはどっちかというとぷよぷよとか格ゲーにハマる心情と近いのではと思っており、言うまでもなく俺を含む生粋のRPGゲーマーが求める価値観とは異なるものです。

分かりやすい例として、ロマサガが「完全新作!」と喧伝する「ロマンシングサガ リ・ユニバース」が先日発表。が、プラットフォームがスマホだというのと、やっぱり過去作のキャラを総出演させているという仕様を見て、「なんだか悪い予感がするぞ」という人は多くいるようです。Twitterの反応ではネガコメントの方が多い。このゲームがその評判を覆すかどうかはまぁリリース後に見てみるとして、ネガコメントがつくこと自体が「RPGであることを求めるユーザーがまだ存在すること」の証拠。
そういったユーザーが完全にいなくなってしまう前に、これぞJRPG!と思えるゲームが市場に発表される機運がまた来ないですかねぇ。来ないでしょうねぇ。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント