アルトリコーダー用・ゲーム音楽のメロディ譜つくりました – ドラゴンクエスト編

1年以内

FFに続いて当然、ドラクエもやります。「アルトリコーダーに吹きやすいように移調する」のと「レパートリーを忘れないようにする」のが目的です。

改めてサントラを聴きました。リコーダーで吹き甲斐のある曲がなんと多い事でしょう。オーケストラでの演奏を前提に作曲されたからでしょうね。インタビューですぎやまこういち先生が「ファミコンの音源であっても、ホルン的なフレーズを演奏すれば、ホルンに聴こえる」と言っていたのが思い出されます。今回はリコーダーですけど。

ドラクエ愛が炸裂して、のっけから15曲採譜してしまいました。

ドラゴンクエスト / Dragon Quest

初代ドラクエからはこれを。

広野を行く / Overworld


どちらかと言うと、DQ3で聴いた方がゾクゾクしますね。

ドラゴンクエスト2 / Dragon Quest II

採譜しようと改めてサントラを聴き直したら名曲が多くてビビりました。特にフィールドBGMの2曲は至高。

遥かなる旅路 / Endless World Part 1

むちゃむちゃ名曲。この14小節でいろいろ想像できます。

どうでもいいですが英語タイトルがフィールド2曲まとめて”Endless World”となっていたため、私が勝手にPart 1、Part 2とつけています。

果てしなき世界 / Endless World Part 2

ああ、これもいい。リコーダー向きのメロディだと思います。自分で吹いててゾクゾクします。

現キーだと最低音より下のD音が出てくるので、キーを変えました。Cメジャーなのでとても吹きやすくなっております。

ドラゴンクエスト3 / Dragon Quest III

みんな大好きドラクエ3です。

冒険の旅 / Adventure

序曲に次ぐドラクエの代表曲と言っても過言ではない。
ドラクエのテーマのひとつは「冒険」だと思っているのですが、ド直球のタイトルで胸が熱くなります。ただこの曲、トランペットで吹くべき曲という感じはどうしてもしますねぇ。

キーを変更しています。

街 / Around The World Part 1

これはリコーダーでも合うと思います。

原曲キーだと、ラスト2小節のローF(アルトリコーダー最低音)が連続するフレーズがかなり厄介ですが、原キー重視の方針に従いそのまま採譜しました。

おおぞらをとぶ / Flying In The Sky

かの下村陽子氏が「こんな曲書けたら死んでもいい」と言ったことも有名。この曲は…リコーダーで吹いていると恍惚とした気分になります。おすすめ。

勇者の挑戦 / Fighting Spirits Part 3

ゾーマ戦の曲です。30代中盤以降のゲーマーなら歴史に残る名曲と疑わない事でしょう。もちろん全く吹けないので、完全に出来心で採譜しました。これ、いつか吹けるようになるといいなぁ。

まず、キーは変えています。意外と(まだ)吹きやすいキーが見つかりました。
そしてイントロのキー特定は悩みました。たぶんアウトしまくってると思われるメロディラインから推測する事は諦めて、C→C#→Dというクロマチック進行を意図したのでは?という推測から逆算してC minorとしました。もっとハーモニーが分かる方の意見が聞きたいです。

ドラゴンクエスト4 / Dragon Quest IV

10周以上クリアし、一番泣いたのがドラクエ4です。当然、好きな曲が最も多いです。

戦士はひとり往く / Comrades Part 2

ドラクエで言う戦士は完全に脳筋のイメージですが、このゆったりした曲がテーマ曲に設定されているライアンは結構気のいいおじさんなのかなと、小学生の頃に感じた記憶があります。

ちなみに英語版のドラクエ4では、ライアンはRagnerという名前だそうです。

おてんば姫の行進 / Comrades Part 3

この曲は2オクターブ以上の音域があるので妥協しました。譜面上でピンクの音符は本当は1オクターブ下です。
今になっても王女に武闘家属性を持たせるというキャラ設定の発想がすごいですねぇ。

英語版ではアリーナはAlenaとのことです。

勇者の故郷 / Homeland

今回試し吹きして一番感動したのはこの曲でした。特に後半のBパート、自分で吹いてて泣きそうになります。とてもリコーダー向きの旋律だと思います。

街 / In A Town Part 1


前半のCメジャーで言うコードトーンのEナチュラルが、後半で♭する転調のあまりの自然さにゾクゾクします。

楽しいカジノ / In A Town Part 2

こういう曲が吹けたらかっこいいだろうなと思って採譜したら、私には絶対に吹け無い事が分かりました。

原キーならCメジャーなのでまだ良かったのですが、アルトリコーダーで吹ける音域に調整するために転調したらE♭メジャーキーしか選択肢が無く、ただでさえ音符多いのに、♭が3つでもう厳しいです。
厳密に言えばD♭メジャーとEナチュラルメジャーも選択肢に入りますが、メロディの最低音をローFもしくはローF#にするのが演奏上厳しいだろうと判断して、こうしました。どちらにせよ厳しいですが。

海図を広げて / Sea Breeze

私がドラクエで最も好きな曲だと断言するのがこの曲です。すぎやまこういちセンセ指揮でこの曲を生で聴いたのは冗談抜きで人生の目標の一つを達成したと思いました。
で、譜面にしたらなんとあっさりしている。音を詰め込むのが名曲の条件で無い事を痛感する曲です。

どうでもいいですが、昔、テナーサックスを練習した時に一番最初に練習したのはこの曲でした。

ドラゴンクエスト5 / Dragon Quest V

SFCになってから、リコーダー初心者の俺には吹くのが難しい曲が増えてきます。ひとまず2曲。

地平の彼方へ / Toward the Horizon

こちらもフィールド曲。いざリコーダーで吹こうとメロディに注目すると、ドラクエはフィールド曲だなぁと気付かされます。

街は生きている / Lively Town

ひとまず初回は以上です。
ドラクエ6以降も採譜したら追加します。
あと、他にスクエニ系のレトロRPGの曲を中心に他のタイトルも採譜していきます。