ウッドベース(コントラバス)の新幹線での運搬方法

bassexpress_thumb

神戸の結婚式にお呼ばれして、ジャズの演奏をご希望だったため、今回はウッドベースを持っていくことにしました。
飛行機ダメ、高速バスダメ、と長距離移動するなら新幹線しかない難儀な楽器ですが、運搬についてなんとかベストプラクティスを探そうと思って実験してきました。

ポイントは以下の2点です。

  1. 自分が席に座れるか
  2. 楽器が自分から見れる範囲にあるか

あ、ちなみに、過去の経験で追加料金をとられたことはありません。

その1.ベストプラクティス(自由席限定)

とりあえず今回見つけたベストプラクティスではないかと。しっかり座れて安心して寝れるはず。
(今回は新大阪→新神戸間でしか試してないですが…)

その1

最後尾の席と壁の間、普段はスーツケースなんかを入れるスペースに、本当にギリギリウッベが入ります(駒と背もたれが接する程度)。
自分はAかCに座って、他の乗客はもう一方の席に座ってもらうと。もちろんそのお客さんには謝り倒しましょう。
ただ、B席は殺すことになるんで、もし立ち客がいるほどぎゅうぎゅう詰めの場合は、自分がBに座るか、諦める方が懸命です。

こんな感じになります。

安全で楽器の不安も無く、現時点ではこの方法に勝るものは無いかな…とは思いますが、自由席の3つの車両につきひとつづつしか候補地が無いのでハードルが高いです。どうしてもという場合は周りのお客さんに無理言って席を移動してもらう勇気が必要かもです。
3列側が空いてない場合は反対側の2列側に差し込む…という手もありますが、2席ともリクライニング不可なんで、できれば3列側がいいかと。

その2.寝れないけど安全

生まれて初めて新幹線でウッベ運んだ方法です。客室と客室の間の通路口(?)に置きます。

出口が狭いほうに置くと完全に人が通れなくなるので、広い方に置きます。
この場合だと、新幹線程度の横揺れでは倒れないように安定化することが必要です。自分の場合はキャリーに乗せて壁に立てかけると平気でした。
» キャリーについてはこっちの記事をどうぞ

上の「その1」に勝るメリットとしては、よっぽど客がぎゅうぎゅうじゃない限り必ず使える方法なんで、実現性は高いです。
ただ徹夜明けとか、体調が悪いときにはしんどいです。あとは駅に停車する度に人が通るので神経使います。

こういう状況になります↓

その3.寝れるけどちょっと不安

上の「その2」とほぼ同様なのですが、楽器を放置して自分だけ席に座るというパターンです。
今回の神戸行きを通して睡眠時間があまりに少なく、また「その1」の方法を取れなかったのでこの方法をとってしまいました。
自分の目が届かない範囲で人が行き来するので、楽器に不安は残りますね…

とまぁ、こんな感じです。
参考までにどうぞ。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント