imasashi.net

30代から始めるジャズドラム(初心者)

jazzdrum_beginner

ジャズという形態でベースを弾き始めて一応15年くらい経つし、いまだにベースという楽器が好きすぎて堪らないのではあるが、部屋の一角を占めているウッドベースをごそごそと取り出して練習することも最近めっきり減ってきた。ここ数年は、年に3回くらいやってるライブの前後しか弾いてないくらい。

ほんで、最近会社の勤務ルールが変わって急にプライベートの時間が増えたので、新しい趣味でも始めてみよかいなと始めたのがドラムである。

こんなこと言うと本気でドラムやってる人たちから怒られそうだが、なぜかベースよりもドラムの方が向いてるんちゃうかとはずっと思っていて、今年の初めの豊富で「ジャズドラムをはじめる」とか言ってので、それをようやく実行してみようと思ったわけである。

何を隠そう、東京に出てきて人生で最初の給料で何か買ったろうと楽器屋に行って購入したのがなぜか大坂昌彦さんのスティックだったりする。8年くらい前の話だ。それまで家で膝の上をパチパチ叩いてただけなので全く傷のない新品同様ピカピカ状態のスティックをもって、生まれて初めてスタジオの個人練というのを予約して行ってきた。全く大したミッションでもないくせに、結構緊張した。

jazzdrum_beginner

ひたすら1時間、メトロノームをピコピコ鳴らしてバスドラを踏んでるだけとかのウルトラ地味なことばっかりやってるが、これがマジでおもろい。手ぶらでやってきて大したフレーズも叩かず1時間後に気持ちよさそうに帰っていくおっさんが週に1度現れるので、スタジオの兄ちゃんからは「何やこいつ」くらいのことは思われてるかもしれない。

昔からずっとドラムには興味を持っていて、世の有名なジャズドラマーが気持ちよさそうに叩いてるビデオを死ぬほど見てきたわけで、そのイメージが頭にこびりついている。そんなもんで俺もちょろっと練習すれば基本的なことはだいたい叩けるようになるんちゃうかと思ってたが、完璧に勘違いしていた。この1ヵ月で5回スタジオに入ったが、まぁロクに叩ける気がしない。手ドラムをクセでよくやってるが、左足と右足が加わって4WDになるととこうも体の自由が効かなくなるかと驚き。

ということで、現状の課題を書いておく。

  • ダブルストロークができないと話にならん。
  • 重心をどこに置くのかまだよくわからない。ずっとクセで足のつま先に重心を置いていたが、これは大きな勘違いで、フットワークが全然効かなくなることが分かった。
  • 録画した方がいい。1回恥ずかしながら録画したら、右手首が凝り固まってるのが分かった。
  • 右足(バスドラ)が思い通りのタイミングで踏めない。アイドリング状態の時にビーターは皮につけとくのか放しとくのかよくわからん。
  • 左足を4分で踏むクセをつける。
  • 上半身がぐらんぐらんしてるのをなんとかする。これも重心問題だろう。

目標は、2017年に誰かとスタジオ入ることです。

それ以降の練習日記

第6回(2016.12.11)

  • 右手首がまだまだ固い。
  • 左手の角度が浅すぎる。もっと角度つけていい。
  • ワキをもっとあける。録画見たらYOSHIKIみたいで笑える。

参考動画

第7回(2016.12.16)

  • 右手首のしなりに改善が見られた。腕を振るのではなく、手首を振るという感覚が正しいような気がする。
  • (レギュラー)左手の角度はまだ分からん。グリップを研究する必要がありそう。
  • (マッチド)左ワキがやや開いてちょっとそれっぽくなった。ただ、左手首がぐわんぐわんしていて安定感が無い。肘を動かす模様。
  • 右ワキはそんなに開ける必要は無い。
  • 右足を踏む度に上半身がゆらゆらする。

第8回(2017.1.5)

  • 初叩き。
  • 右足は太腿で踏むことを意識した。
  • シンバルも太鼓もかなり低めにセッティングしてみた。効果は不明。
  • 右手の振り強調してみたが、やりすぎている感も出ている。
  • 相変わらず上半身がぴょこぴょこしている

第9回(2017.1.15)

  • 上半身のゆらぎが改善した。両足に荷重をかけるのではなく、ケツでどっしりと重心を引き受けるとよい。
  • 全体的にもっと思い切り叩いてよい。
  • 右シンバルはもっと高くして角度をつける。肘が上向くように。
  • レギュラー時、スネアに向けてスティックを角度をつける。こちらも肘が上&前に向くように。手のひらがスネアの上にあるくらい。
  • 左手は手首だけじゃなくて肘で動かす。
  • 2&4拍でスネア叩く時、右手も上げると左手も振りかぶれる。
  • スイングでは、スネアはベルトよりも低い位置に?

今回の練習曲

Duke Ellington – Switzerland ’59 2/7 [Selections from “Such Sweet Thunder”]

次回の参考画像(フォーム)

drum_003
drum_001
drum_002
セロニアスモンクのライブ映像から、Ben Rileyのキャプチャ。