デジタルとWEB

GA実験シリーズその2です。前回は外部サイトを経由した場合の検証でしたが、今回は内部サイト内での遷移に限定しました。

ブラウザの戻るボタンはGAでどうカウントされるのか?検証結果です。

GAで言うところのUUが何たるかはある程度理解しているつもりですが、それでも不可解な現象で今悩んでいるのでメモしておきます。 ※週間と日別の合計でUU数が違う、という問題ではないです。

相変わらず謎の多いGoogle Anlyticsのユニークユーザー(UU)ですが、「期間合計」と「期間集計」で値が異なります。このあたりはオフィシャルを参照しなくても予想できる範囲なのですが、自分もかつてハマったことがあるのでメモしておきます。 ちなみにここで言う「合計」「集計」は以下の意味で使い分けます。 例えば2月1日~2月7日の1週間を観測対象とすると、 合計:1週間のUU数 集計:1日ごと…続きを読む

GAでページ毎の閲覧開始キーワードを調べる際に、実は落とし穴がありました。回避方法をお伝えします。

Google Analyticsの便利な機能であるアドバンスフィルタは正規には保存機能がありませんが、これを裏技的に保存する方法があるようです。

Google Analyticsなどを用いて行うアクセス解析は、基本的には(外部サイトを含めて)「ページ間遷移」をベースにした解析です。 たとえばページAのPVを上げたいため、その親ページのナビゲーションを変更する、あるいは直帰率の高いページの1stビューに収まる情報を工夫する、といったことをよくします。 ただ、ページ遷移に関する課題だって、解決しようとすると結局はページデザイン(面)の改修に落ち…続きを読む

ウェブサイトを訪問するユーザーはそれこそいろんな属性の人たちがいるわけです。 どのサイトから来たユーザーか?どのキーワード検索で来たユーザーか?新規ユーザーか?既存ユーザーか? 当然、たとえば新規ユーザーと既存ユーザーの動きの違いが見たくなるわけです。 そういった特定属性ユーザーにセグメントした、サイト閲覧データをGoogle Analytics(以下GA)で観測する方法です。 「詳細セグメント」…続きを読む

2 / 212