Tag : 映画の感想

自分には映画を見るという習慣がほとんどないもので、年に3本とか。 なので、特定の監督の映画を何個も見る、ということがほとんど無いわけなんですが、何の巡り会わせか園子温という人の映画は「自殺サークル」「愛のむきだし」、そして「冷たい熱帯魚」と3本も見てしまいました。 なぜか俺のまわりには、この監督を絶賛する人が多いです。 主人公が置かれる環境を徹底的に異常性に追い込んで、最後に残る「個対個の愛情」だ…続きを読む

大恐慌時代のロッキー山脈の廃れた鉱山町(人口わずか15人)が、突然現れたギャングに追われる女性グレースを匿ってから、グレースと町の人々の関係の変化を通じて、人間が持つ「エゴイスト」としての側面を捉える映画。 …だと解釈している。 心にずっしりと重たいものを残す、そんな映画。 エゴイズムの連鎖 字幕版では、「傲慢」というキーワードが毎度毎度カッコ付きで登場する。ああこれが多分キーワードだなとちょっと…続きを読む

ルワンダ紛争の末期、100日で100万人が虐殺されたと言われる「ルワンダ虐殺」がテーマのドキュメンタリー映画。 あらすじとしては、ルワンダ虐殺の中1200人の難民を収容しその命を助けたホテルオーナー、ポールを主人公としたストーリーという体裁をとる。 でもこの映画を見て印象付けられるのは、主人公ポールの英雄譚という側面よりも、たかだか17年前に「虐殺が行われたという事実そのもの」。 問答無用で家を焼…続きを読む

2 / 212