ペルソナ2罰の感想(psp版)

p2batsu_thumb

さっきクリアしましたが、まだストーリーの理解が追いついていません。

里見直氏のプロットがすげぇとは罪の感想記事で散々書きましたが、罰やったら余計にすごいことになっていました。
ペルソナ2罰がただ「罪の未解決点に解答を与えるためのストーリー」というものではなく「罪のストーリーに再解釈を与えるもの」という、なんだか想像の遥か上を行きすぎていてどう解釈したらいいのかもまださっぱり分かりません。

  • 罪EDでの天野舞耶の死を回避するために、高校性4人が罪世界の出来事をリセットする決断をする(このことをinnocent sinと呼ぶ?)―その結果生まれたパラレルワールドが罰世界であり
  • 4人のうち、主人公の周防達哉だけがリセットを拒んでしまったために、罪世界の意識を持ったまま罰世界にやってきてしまった(=「特異点」化)。
  • その結果、罪世界と罰世界の境界があやふやになってしまい、次第に同化してしまうことに。罰世界の崩壊
  • それを阻止するために、罰EDで(罪世界の)達哉は元の罪世界へ帰る
  • これで罰世界は崩壊を阻止することができました。

っていうのが罰の基本プロットだとして。

腑に落ちないのが、

  • 罰世界では栄吉とリサに記憶を戻す機会があるのに(プレイヤー選択次第)、淳にはその機会が無いこと。罪世界の視点からすると、淳を別扱いにする理由が思い当たらない。罪での設定が絡んでいるはず。
  • 罰のサブタイトル”eternal punishment”が意味深。上のプロットで「丸く収まりましたね」ならeternalではない。
  • 達哉は罪世界に帰ってから何をするのか。それとも罰世界からいなくなること自体が「忘れる」行為を代弁するのか。
  • その場合、ニャルラトホテプを倒す動機は何か。罰世界を存続させるためには、達哉が帰るだけではだめで、ニャルラトホテプの退治をしなくてはならなかったのか。だとしたら、罪EDで達哉がリセットに「失敗した」のは、結果的に正解だったということになる。
  • そもそも罪世界で、なんで舞耶は死ななければならなかったのか。

まさかクロノクロス以上に難解なRPGとは思いませんでした。さすが里見氏です…

で、諸々考察を進めてくれている方がいらっしゃいました。

ペルソナ2考察 | モンパルナス

まだチラ見レベルですが、「(罪世界)の淳と舞耶は共存できない」なんてブッ飛んだ解釈も出てきており、これはワクワクしますね。
また時間をとって読んでみたいと思います。

プレイ記録

プレイ期間

2013年4月7日~5月5日早朝

クリア時データ

プレイ時間:35時間くらい
レベル:70前後

コメント

3件のコメントがあります

  1. はじめまして、いまさしさん

    ペル2の記事について検索したら、ここに辿り着いたものです
    まさか2013年の今で新参さんに出会えるなんて
    古いグラやシステムのせいで、途中で断念した人も多いので、
    最後までクリアして、しかもシナリオについて結構考察してくれる新参さんなんて本当に珍しい

    願わくば、この作品についてちょっとだけいまさしさんと語りたい
    いまさしさんの腑に落ちない点も、私の返答でよければ、公式資料を引用して私なりに解釈します
    メールでも、コメント欄でもいいです、あなたに迷惑をかけないように努力します

  2. ノテスキア より:

    初めまして。この疑問はもう解決済みなのかもしれませんが、一応

    >そもそも罪世界で、なんで舞耶は死ななければならなかったのか
    エンディングでニャルが「全ての人の夢はかなえるべきだ。当然この女の夢も云々」だとほさいでたでしょう?
    だから「マイヤの乙女をイケニエに捧げるべきよ!こいつはマヤ!だからイケニエに!」と願ってるイデアル先生がロンギヌスの槍を持って舞耶に攻撃したからです。

    なんか釈然としませんねえ。ちなみに私も罪罰はあんまり好きじゃないですね。
    異聞録の方が綺麗に完結してる分何回でもやれるんですけどね。

  3. ポルターガイスト より:

    お久しぶりです。コメントのことすっかり忘れた頃にまさか返事が来るなんて…
    >ノテスキアさん
    概ねそんな感じですね。
    「名前同じなら誰でもよいかよ、ルールが適当すぎではありませんか!」と思われるかもしれませんが。でも個人的にこういう適当なところは、イデアル先生が信じた予言の安っぽさと虚しさを表現したと思う。
    だって「マイヤの乙女をイケニエにすると何かが起きる」というルールは彼女の勝手な思い込みで一種の噂にすぎない。
    最初から全部妄想だから、生贄のルールを決めたのは実は古代マイヤ人ではなく須藤&橿原先生&イデアル先生の三人。
    その三人の一人であるイデアル先生が「名前同じなら誰でもよい」と決めたらルールもそうなる、ニャルは彼女の妄想を利用したただけ。

    >そもそも罪世界で、なんで舞耶は死ななければならなかったのか。
    10年前の舞耶は子供たちに神聖視され崇拝されるから、ニャルからすれば達哉たちに苦痛を与えるには舞耶殺すが一番効果的でしょう。
    そもそも罪の舞耶の台詞を見る限る、遅かれ早かれ舞耶は子供たちから去るつもりで、
    精神面から見ても、人の弱さを突くニャルにとって死にたがっている舞耶は一番いい標的ではないでしょうか。

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント

世の反応