imasashi.net

朝霧JAM2015行ってきた~初めてのふもとっぱら篇

asagiri2015_020

2年ぶりに朝霧JAM行ってきました。人生3回目。今回は雨が降ったり、キャンプをふもとっぱらにしてみたりと、初の体験が多かったです。ということで、毎回のように極めて備忘録的に綴ります。

行き

真夜中1時40分くらいに都内発。レッツゴー。
ちなみに私は出発の10分くらい前まで仕事をしていました。

前回の反省を十二分に活かし、今回はハイエースに6人+荷物。超余裕。
途中、ほとんど休憩無しでカッ飛ばしたら2時間くらいで着いてしまいました。試しにふとまっぱら入り口に行ってみたら、もちろん入れませんでした。

asagiri2015_001
朝霧ジャマー御用達のサークルKで車停めて仮眠。この夜は月が超綺麗でした。

ふと目が覚めたら7時くらい。入場は8時からということでしたが、試しに入り口に行ったら入れてくれました。前回(2013年)もそうでしたが、わりと気まぐれで早めてくれるようです。

1日目

お昼

asagiri2015_002
まだテントはポツポツとあるくらい。

asagiri2015_003
テントを貼ります。今回は2つのタープを連結するという技に取り組みました。先に言っておくと、
これが雨の時に大活躍します。
片方のタープに荷物を置いて、もう一方は団欒スペースとするわけです。今回雨降ったので、これ無かったらと思うとゾッとします。みんなどうしてたんでしょうか。

例年に比べて天気がめちゃ悪いので、最初から防寒仕様に。
だいたい準備が整ったところで、早めの昼食を頂きます。ただ、何を食べたか覚えてません。

で、私、朝霧はたいてい半分くらいは寝て過ごすのが習わしとなっているのですが、今回もやってしまいました。
起きたら夕方の5時。

asagiri2015_004
ぎょええええええ。

6時間くらい寝ていたようです。しかも
テントじゃなくて車で。

これはまずいということで、一緒になぜか車で寝ていたセンちゃんと急いで会場へ向かいます。
他の4人はとっくに会場に行っていたようです。起こしてくれませんでした。

シャトルバスで会場までは10分弱くらい。
ただ、テントからバス乗り場まで5分は歩きます。

asagiri2015_005
おおーやっとるやっとる。

asagiri2015_006
おおー例のソフトクリーム屋さん。
なんか看板がアップグレードしていました。ぶっちゃけ前の素朴な感じな方が好きでした。

asagiri2015_007
まともに見たライブはTHE GO! TEAMというバンドだけでした。
1曲ごとにメンバーが楽器を変えまくるのが笑撃的でした。ホットパンツ履いてた黒人の女性ボーカルの歌はかなりうまかったと思います。元気でました。

とりあえず「寒すぎる」ということで、最後のライブもろくに見ず帰ることにしました。いやほんと夕方6時くらいの時点で例年の真夜中レベルですマジで。
結局、私の会場滞在時間は3時間くらいでした。

ということでシャトルバスでプワーっと帰ります。待ち時間はほとんどありませんでした。

お夜

もちろんテントで団欒をキメこみます。

asagiri2015_008
さあ待ちに待ったバーベキューです。今回もアリカワくんが地元の肉(等級A5)をたくさん持ってきてくれたのですが…うますぎると同時に脂もすごすぎて、2パックくらいでみんな「うぷっ」となってしまいました。
次の日の朝、アリカワくん自身が気持ち悪くて吐きそうになっていたようです。

この日は夕方から降り始めた雨はだんだん強さを増すし、例年に比べてあり得ないくらい寒い。酒飲んでも酔わないし、みんなも疲れきって「もう早よ寝よ」モードになってしまいました。2年前のバカ騒ぎが嘘のようです。
キャンプのクオリティと天気の強い相関関係が見出されました。

会場にいる間に降らなくてまだよかったですホントに。

あと、外があんだけ寒かったのにテントの中はそうでもありませんでした。九死に一生を得た。

2日目

前日から続いた雨は、どうやら日中も続いていたようです。「ようです」という表現になったのはワケがあって、
俺が起きたのが昼3時
だからです。

うーん。これこそ朝霧っ!て感じがします。

さすがにセンちゃんもおらず、テントにいたのは俺一人でした。

asagiri2015_009
さすがに3回目となると全く焦りもしません。周りの様子を写真に収める余裕もあります。
メンバーからの「テーブル忘れた。持ってきて」のメッセージに見事に応え、ひとりシャトルバスに乗り込みます。なお、寝起きだったからか、バスの中で思いっきりスベり倒してしまいました。

asagiri2015_010
おおーやっとるやっとる。

アホみたいに寝たとは言え、前日よりも3時間も早く会場にインしているため、朝霧に参加している感を感じ取ることができました。

asagiri2015_011
途中、2日間通して初めての晴れ間が見えました。良かった良かった。

asagiri2015_012
晴れた途端に気温もややあがり、いきなり例のソフトクリーム屋に死ぬほど行列ができました。分かりやすすぎるやろ群衆。最後尾の人がようやく買える頃には、とっくに太陽もまた雲に潜ってしまい、死ぬほど寒くなっていたようです。残念。

ベストアクト、Räfven

asagiri2015_013
例年、朝霧はライブに見入ることはあんまりないのですが、今回は超掘り出し物がありました。
Räfven(レーベン)というスウェーデン発のジプシー・パンクバンド。北欧のジプシーサウンドは継承しつつ、そこにハードロックのようなリフものありつつ、デスボイスありつつ、なかなか新しい音楽でした。このクソ寒い中サックスとドラムは半裸だし、メンバー全員がプロのパフォーマンス集団。キメはキメで全員がビシッとポーズをとるし、ソリストを視覚上に引き立てるステージング。ほんと素敵。メンバー一同が同じ方向に向かってないとこうはならんよなーと関心しました。日本のジプシーバンドって新しいものが何もなくて聞く気が起きないけど、なんか本物オーラが超漂ってました。
あとサックスの人はステージ中ずーっとオーバーブロウしてるように思いましたが、最後までしっかり吹ききる体力。しかもフラフープをブンブンまわしながら。
いやーめちゃくちゃ良かった。CD買うわ。

だいたい6時半くらい、最後のバンドがちょっと好みに合わなかったので「シャトルバスが混む前に帰ろう」ということで、乗り場に向かったら…

asagiri2015_014
1時間待ちと言われました。

激論の結果「歩いて帰ろうか」ということに。特に俺は起きて3時間位しか経ってないので元気が有り余っているので、文句は全くありませんでした。

誘導員のお姉さんに
え!?ほんとですか!?お…お気をつけて…
こいつらイカれてる感満載の眼差しを向けられたのが印象的でした。

予想通り、40分くらいでふもとっぱらまで帰れました。誘導員のお姉さんが驚いていた通り、そんなことをしている人は俺ら以外には見当たりませんでした。この手法だと、途中のサークルKに寄り道ができるという特典が発生します。

asagiri2015_015
ちなみにバスが通らない限り真っ暗なので、ライトが無い場合は絶対やめたほうがいいです。

お夜

もちろんテントで団欒をキメこみます。

asagiri2015_018

asagiri2015_016

asagiri2015_017
普通なのに激旨カレーです。

ピーターパンカフェ

ふもとっぱら内の遠くの方に何かしら幻想的な場所があったので、行ってみました。ピーターパンカフェというところのようです。

asagiri2015_019

思った以上に幻想的でした。ハンモックがかけられていましたが、雨のせいでドロドロだったため本格的に楽しむ気にはなれませんでした。あと、コーヒーとか売ってました。食料品が尽きてもとりあえず飢え死ぬことはありません。

ようやく晴れた!

そうこうしているうちに、ようやく晴れ間が見れてきました。夜やけど。気持ちのせいもあるかもですが、ほんとに少し暖かくなった気がします。

asagiri2015_020
シャッタースピード30秒設定でいろんなものを撮ってみました。富士山はこんな感じになりました。今回の旅で最もお気に入りの一枚。

asagiri2015_021
よく見るあれは全く上手く行きませんでした。

asagiri2015_022
星きれええええええ。

3日め

いつもは出発直前まで爆睡するのですが、なぜか今回は7時に目が覚める奇跡がおきました。

asagiri2015_023
おかげでようやく快晴を迎えたふもとっぱらを拝むことができました。

東京へ帰る

起きたのが7時とは言え、朝食をとりながらぐだぐだ片付けてるともう11時。
11時20分にふもとっぱら出発して、結局1度も休憩とらずカッ飛ばして14時30分には都内着。メンバーを適度に見送りつつ、品川のレンタカー屋に16時着。なんとか予定の返却時間に(10分遅れで)間に合いました。
ちょっと寄り道してるとマズかったかもしれません。

疲れたー。
またきます。

服装データ

執筆中

走行データ

ハイエースを、金曜日の22時~月曜日の16時レンタル。
ガソリン代は6,000円くらい。
高速道路代は片道3,500円くらい。