imasashi.net

ウッベから偶然ちょっとはましな音が出たのでセッティングをメモ

ls-2thumb

そもそもウッドベースという楽器はアンプから音を出すように作られていないわけでして、しかも競技人口の驚異的な少なさからしてメーカーも研究したくないし大した製品も出ていない。ウン万とかするピックアップ試してみたけど「うーん、自分のよりはいいな」程度。

マイクで拾えば一番いい音するに決まっとるけど、ドラムの音まで拾うのをどないすんねんという話になる。

ということで、ピックアップ+アンプという環境で「Christian McBrideみたいな音を出したい!」と思ってスタジオ入る度にうんうん試行錯誤しているわけですが、今日偶然似たような音が出たので録音をアップしてセッティングメモしておきます。

ただでさえ少ないウッベ人口。音作りの秘訣を共有していけばいいなぁ。

まず録音

公開するんやったらちゃんと弾いときゃよかった…

機材

ウッドベース
↓     ↓
realist  bp-100
↓     ↓
↓← fishmanのプリ

ls-2

SVT-450H

(空気)

gt-r1で録音

よく見るbp-100とrealistのミックスです。

セッティング

ウッベはフラットバックなのでオリエンテとかよりは生音が硬めかもしれません。

▼pro eq plutinum bassのセッティング

bp-100特有のジャリジャリをどーにかするために、highを削りぎみ。

▼ls-2のセッティング

inputAがプリ経由のbp-100、inputBにrealist直です。
写真の通り、realistの方を若干多めに稼いでいます。

で、いつも困るのがヘッド。
今日はノア渋谷1号館にあるアンペグのSVT-450Hでした。

これ(オフィシャルより借用)。

たしかセッティングは

  • bass:少し削る(10時半くらい)
  • ultra mid:かなり削る(7時くらい)
  • high:ジャスト12時
  • グライコ:オフ

という感じでした。

アンペグでウッベ鳴らすなんて超ナンセンスかと思っていたが…意外にあなどれません。