[ウッドベース・コントラバス] 駒の高さを替えずに弦のテンションを緩める方法

string_tension_003

相変わらず自分のウッドベースの弦のテンションがキツく、ゴツゴツ弾かなあかんのがなんとかなならんかなぁと思っていました。特に右手。弦をハジくという感覚ではなく、無理やり引っ張ってる感覚に近く、これはもう楽器を弾くというより格闘しているに近い。

で、ふとした時に、こんな当たり前のことに気づきました。

string_tension

AよりもBの位置で弦をハジいた方が全然弾きやすいですよね。エレキで言うところのリア寄りでピッキングしたらむちゃ弦固いけど、フロント寄りだと柔らか、みたいな。あれと同じ原理です。

物理的なハナシで、弦長の中央が最もたわみやすい=弦を弾くテンションが低いはずなので、そういう環境を作ればいいということになります。

さてそれをどうするかですが、

私の場合、「右肘をクッと曲げて右手の位置を上げるのはとにかくダサい」という強迫観念にも似た感情を抱いており、それは避けたいところです。クリスチャンマクブライドの演奏フォームが私にとってのモデルであり、それに出来るだけ似せようとしているのですが、氏の右腕は非常にリラックスしており結構ネックの端に近い位置におります。あれは崩したくない。

演奏フォームは変えたくないので、ということで、楽器の方に変わってもらうことにしました。

string_tension_004

このように、駒の位置を下げて弦長を長くすれば、物理的に右手の位置は弦の中央に近くなります。

ということでレッツトライ。

string_tension_002

駒を5mmくらいテールガット寄りにズラしてみました。最初は思い切って1cmズラしたら弦高が低くなりすぎてG線がビビりすぎたので調整して、結局5mmくらいに。

なんということでしょう。

おおー、全然違う楽器みたいだ。

たかが5mmですが、体感できるレベルで弾きやすくなりました。
弦のテンションは下がりましたが、俺のテンションは上がりました。

なんか邪道な気がしないでもないですが、当分はこれでいってみようと思います。

コメント

5件のコメントがあります

  1. たぬき より:

    左右のアジャスターの高さが異なるとそんな症状が出ることが有りまして、
    ウチのドイツ娘も正にそれ。
    左右のアジャスターの出代に高い低いがあると途端にご機嫌斜め!
    また、ネジ、円盤部分が真っ直ぐ立っていない場合にもご機嫌が悪い区鳴ります。

  2. たぬき より:

    テンション感、抵抗感が強い場合の一つの要因に、
    意外と左右のアジャスターの出代の高い低いがある事が影響する場合が有りまして、
    左右の高さを揃えるだけで、格段に抵抗感が減少することが有ります。
    これは、自分の楽器で実際に有った事象で、
    指板上の弦高(隙間)だけを合わせる為に左右のアジャスターの出代に違いが生じて、
    結果、訳がわからないけど弦の抵抗感が強くなてしまいましたが、
    試しに左右のアジャスターの高さ(出代)を揃えたらウソの様に楽チンに成りました。
    一度この点をチェックなさってみては如何でしょうか?

  3. 田中 より:

    はじめまして、ウッドベース初心者です。
    質問ですが、駒の位置をそれくらい変えると、左手のポジションも大分変わりそうですが体感はどうなんですかね?あんまり気にならないレベルなんですかね?よろしくお願い致します。

  4. imasashi より:

    田中さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    左手の位置は、やっぱり結構かわります。よくお世話になる(?)12フレットくらいになると、今までの感覚でやってたらピッチが明らかに低くなりますねぇ。
    最初は「あれやばいかな」と思ってたのですが、1週間くらい弾いてたら結構慣れて今では全く気にならないので、よしとしています。

  5. imasashi より:

    たぬきさん、毎度ありがとうございます。
    私の楽器の場合、駒の削り方をミスったせいで左右のアジャスターを揃えてしまうとG線側が極端に低くなってしまうという悩みがありまして…。キッチリ揃えるとなるとE線側のRをさらに削るか、いっそのこと駒交換となってしまいますが、また機会があれば試してみます。

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント

世の反応