imasashi.net

ウッドベースの移動はキャリーカートが一番いいと思う

thumb

東京でもウッドベース持って移動してる人ってしょっちゅう見るわけでもないですけど、どうやって運ぶのが一般的なんでしょうかね。ここでは、とりあえず自分の方法でも紹介してみます。

自分は京都の大学時代は
自転車で運んでました。
通行人から変な目で見られるのは慣れたとして、一度対バン相手から拍手を頂いたりしましたが、バス停に突っ込んでベースの側面に穴を開けたことがあります。これはショックです。
今すぐ辞めましょう。

まぁ良く考えると、自分以外でウッドベースを自転車で運ぶ人は今まで見たことがありません。

そんな俺も社会人になり、もはや体張ってナンボみたいな年齢でもないので、東京来てからはもっぱら折りたたみ式のキャリーカート使っています。

で、そいつが朝霧ジャム行った時にぶっ壊れたので、この度2代目を購入いたしました。


じゃーん。

なんといっても、2代目の特徴は赤いホイールです。かっちょいい。
近所のケーヨーD2で2,500円でした。

店内で探しても見当たらないので店員に聞いたら「そんなものは無い」と言われ、そんなワケあるかと30分かけて探し出しました。執念の勝利です。

ちなみに1代目は大井町のハードオフで3,000円でした。


ベースを乗せた図。

やっぱ車輪はデカいやつがいいです。
ワンランク小さいサイズがもっと安くで売っていますが、絶対デカい方がいい。安定感がすごいです。これくらいありますと、手離しても直立するくらい安定します。

手持無沙汰な電車では、両手が空きますので自由に本とか読めます。あとはスタジオの待ち合い室とか飯屋さんに行ったときなど、壁に立てかければまず倒れません。これはいいですぞ。おすすめ。

弱点は階段です。
キャリー自体にも無視できない重さがあるので、これを肩にかけて上り下りするのはわりと一苦労です。
ただ、東京ではどんな小さな駅にもエスカレーターなりエレベーターがあるので、あまり気にならないかも。
バリアフリーは関西より圧倒的に東京が進んでる印象です。
わりと遠回りさせられることが多いけど…

ウッドベース持って移動すると、バリアフリーについてはかなり発見があります。
たまにですけど、めっちゃ元気なオバハン集団がわいわい言いながらエレベーターに乗ったりして車いすや子連れの方が順番待ちしてたりしますが、ああいうのは良くないと思いますな。
「他の選択肢が無い」人ってのは思ったより不便を強いられていると気付かされます。

他の持ち方

肩にかつぐ

これ、先日久しぶりにやったんですが、近所の駅に着いた時点でもう嫌になりました。
歳とったなぁ。

エンドピン式の車輪

ポールチェンバースの「whims of chambers」のジャケットに写ってるのがこれですね。

いつぞやかの対バン相手が使ってましたが、車輪一つで安定しないと言っていました。
移動時の振動がモロ直撃するの何だか怖い気がします。

個人的には、演奏の度にエンドピンを付け替えしないといけない面倒くささを考えるだけでも気が遠くなります。

ということで

当分はこの折りたたみキャスターを使っていきそうです。
もっと素敵な方法ないかなぁ。
スモールライトとか。