金鳥のサッサで楽器をふきふき

sassa_thumb

金鳥のサッサという商品がある。
マッキーやらトータス松本やらのサポートベーシストである川崎哲平さんのブログで紹介されていたのを見て、俄然ほしくなった(この記事)。

なんでも、これで楽器をふきふきするとボディーがツヤを放つこと山の如し、弦をふきふきすると指のすべりがよくなること鬼神の如し、というまさに神様がくれたような商品である。
(※そこまで言ってない)

これはすぐにでも買わないといけない。

しかし世の主婦層というターゲットから完全に外れまくっている私には、こういった商品がどこに売っているのかが全くわからない。なんせ一度も耳にしたことの無い商品である。かなりニッチな市場を狙ってのことだろうから、こりゃ探すのが一苦労だぞと腹をくくることにした。
そしてとりあえず会社のそばにあったドラッグストアに行ってみたら、1分もしないうちに見つかってしまったのである。
ドラクエ3並みの冒険を期待していたわりには、ちょっと拍子抜けであった。

ということで、これがその商品。

お値段、250円!!
神がくれた商品にしては、ちょっと安すぎるぞとビビりながらも、なんとか購入。

哲平さんのブログを拝見する限り、スタンダードの黄色バージョンを使っていたようですが、デリケート用の青バージョンを購入してみた。

使ってみた感想。

  • ボディに使うとめちゃめちゃキュッキュします。
  • 弦に使うとめちゃめちゃすべりがよくなります。
  • 手がすこしメトッてします。
  • 若干、変なにおいがします。
  • 明らかに油的な何かが出ています。
  • なので指板をゴシゴシするのはちょっと躊躇します。


使用後の愛器TRB-JP2。
どこらへんが使用後なのかは皆さんの想像力におまかせします。

これがおかんのよく言っていた化学ぞうきんというやつか…かどうかはよくわからんが、注意書きをどこからどう読んでも家具とかパソコンまわりとかの拭き掃除に使ってくださいと書いてあるので、その通りに従ってみた。

これがすごいのである。

27年間、拭き掃除といえばただの雑巾しか使ったことがなかったのだが、このサッサ、本当にホコリを「捕まえて逃さない」のである。
レコードプレーヤーとかモニタとかのホコリがたまりまくっている部分に使うと怖いくらい綺麗になります。

ベースに使うよりも部屋の掃除に使った方が感動してしまった。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント

世の反応