imasashi.net

reghin 4/4 フラットバック(ウッドベース)について書くよ

wb_thumb

レジン

人生2本目のウッドベースです。
(1本目はチャキのベニヤのやつ)
reghin(ルーマニアの地名らしい)の4/4サイズでフラットバック。

大阪・京橋の横野弦楽器さんで予算に合うものがこれしかなかったというのと、マット仕上げの見た目が気に入ったので購入を決意。
大学4年の夏でした。
たしかちょうど30万くらい。

調整前は

はっきり言って、オリエンテに比べると使い勝手が悪いです。とにかくバッキバッキの音。多分楽器が若いからというのもあると思うけど。
とにかく学生時代に使っていたunderwoodとの相性は悪かったです。
ラインで出すとやたらギンギンした音でした。

社会人となった現在もピックアップと格闘中。
現在装着中のピックアップは、bp-100とunderwoodとrealist。

そういえばライブ直後、くたくたになって担いでたら倒してネック折ったことがあります。
修理代が5万くらいかかります。気をつけて下さい。

bp-100とリアリストをミックスしてampegから出したら偶然ましな音が出た

(追記)調整後

2010年、↓にもあるようにアジャスターをつけて弦高をかなり下げました。
何が原因かは分からんけど異様に弦のテンションが高い楽器だったためか、弦高下げてもある程度の鳴りがあって、しかも弾きやすいという、何だかかなりいい感じになりました。
学生時代にやっときゃよかった。

ピックアップは現在realistがメイン。
かなりアンプを選ぶ。
今のところ、ギャリアンクルーガーとの相性がいいような気がしている。

2010年6月、ついにアジャスターをとりつけました(録音あり)。