imasashi.net

Google Analyticsで参照元URLを全部(フルパス)表示する

ga

GAのデフォルト設定では参照URLが
・「参照元」:ドメインまで
・「参照URL」:ディレクトリ以降
と、2つに分割してレポートされます。

これをフルパス表示してくれる方法ないかなーと思ってると、やっぱりあるみたいです。

フィルタ使うので、設定後のデータのみ反映可能です。
過去のデータには反映されません。

設定方法

フィルタ設定画面に行きます。GAのサマリー画面から
①右下の「フィルタマネージャー」→「フィルタの追加」から行くもよし
②プロファイルの「編集」→「フィルタの追加」から行くもよし

フィルタ設定内容

  • フィルタ名:識別に使うだけなので内容が分かればなんでもいいです
  • フィルタの種類:「カスタムフィルタ」を選択
  • 「詳細」の選択
  • フィールドA:プルダウンから「参照」を選択、右のフィールドに「(.*)」を入力
  • フィールドB:放置(何も入力・選択しない)
  • 出力:プルダウンから「ユーザー定義」を選択、右のフィールドに「$A1」と入力
  • フィールドAは必須:「はい」
  • フィールドBは必須:「いいえ」
  • 出力フィールドを上書き:「はい」
  • 大文字と小文字の区別:「いいえ」

▼要するにこうなります。

レポートの出力先

左メニューの「ユーザー」→「ユーザー定義」で見れます。

そのままだとGoogleやらYahooやらの検索結果ページがユニークに出力されてえらいことになるので、ユーザー定義値で適当にフィルタかけるとスッキリします。

参照サイト

Google Analyticsで参照元の完全なURLを記録する – 肉とご飯と甘いもの @ sotarok
元ソースは▼みたいですね。
Google Analytics Hack – obtaining full referring URL – Reuben Yau