かなり今更のモテキ感想(漫画の方)

moteki_thumb

1年ぶりくらいにモテキ読んだ。

改めて、「こらウケるわ」と思った。
ストーリー、絵、演出、すべてにおいてバランスが良すぎる。

特にすごいと思ったのは、ライトに読んでもヘビーに深読みしても、どっちでもおもろくなるように出来てるところ。

この漫画の真髄は、(作者があとがきで書いてある通り)主人公の藤本が恋愛のサイクルを通して「人とぶつかっていく力を見つけていく」そのプロセスを表現してるとこだと思う。だから結末を描かない。
作者がそこまで狙って描いたのかどうか全く知らんけど、その気になれば丸一日誰とも会話しなくても生活できてしまう今の環境について、何かしら気持ち悪さがあったんだと思う。俺もそんなに人づきあいがマメな方じゃないけど、やっぱ「こいつ圧倒的に人との会話量が少ないな」と思う人はおる。
そういった「人と人の付き合い方」を表現しようとした時に、最も駆け引きがあり、時には感情をぶつけ合ううことで成立する「恋愛」という素材を選んだのも、なんら違和感がない。

この漫画がすごいのは、「いやそこまで深い話じゃないでしょ」という突っ込みを否定できないところにある。

単純な恋愛モノ漫画として読んでもおもろく出来てて、アクシデントを繰り返しながらも藤本が「行き過ぎない恋愛」に近づいていく様子は、老若男女問わず共感を得られるお手頃感。

テーマを深読みさせようというあざとさを一切感じさせない構成力は、見事としか言いようがない。

あと、なんだかんだで主人公に若干のヒ―ロー性を持たせてるので、フィクションとしてお手頃になりすぎてない。
藤本は草食系男子の象徴みたいに描かれているけども、「言うときは言う」度胸は持ってて、実際ここまでタンカ切れる人って少ない。ちょくちょく「自分には無い部分」を刺激するようになってる。

でもそういうところを一切説明しないんだなぁこの漫画(あとがき以外では)。「言いすぎない」という点が、この漫画のミソだと思う。勉強になります。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント

世の反応