imasashi.net

円高なのでウッドベース用のピックアップを海外通販したった

soundclip_thumb

ということで念願のリアリスト「SoundClip」を買ってやりました。
この円高の時期、どう計算しても東京の楽器屋よりかなり安く買えるので、思い切って海外の楽器屋さんに直接注文しました。
購入先はウッドベース専門店のGollihur Musicです。
(たぶん)ニュージャージーにあるウッドベース屋さんのようです。

初めての海外通販なので、

  • 到着時間(よもや半年以上かかるということはないか)
  • 商品の安全(&不良品だった場合の対処はどうすんねん)
  • 費用(提示された金額以外の手数料などがどれだけかかるか)

などのリスクが怖くて躊躇してたところ、9月にライブが決まったので「えいや」でポチってみた。

配達の経緯

さすがネット時代。注文した商品が今どこにいるかを追跡できるという新しい楽しみを提供してくれます。
記録によると↓

8月28日(日)深夜:オーダーする。すぐ受領メールが来る
→8月29日(月)早朝:ニュージャージーから送りましたよ
→8月30日(火)朝:ニューヨークに付きましたよ
→9月2日(金)早朝:日本に届きましたよ
→9月5日(月)早朝:通関手続き完了しましたよ
→9月6日(火)朝:家に行きましたが不在でした

ということで9日くらいで到着した計算。全く問題なし。
アメリカにいる間は多分現地時間なんでしょう。

Customs Clearanceという項目があって、これは通関手続きっていうものらしいんやけど一体なんじゃい。
ということでWikipediaを。

通関(つうかん)とは、貿易において貨物を輸入及び輸出をしようとする者が、税関官署に対して、貨物の品名、種類、数量、価格などに関する事項を申告し、必要な検査を受けた後に、輸入の場合は関税など必要な税金を納入させ、税関から輸出入の許可を受ける手続き。この許可を得ないと、輸出入が完了したとはならず、輸出の場合は内国貨物から外国貨物にならず船積ができない。また、輸入の場合は外国貨物から内国貨物にならず、保税地域から国内に引き取ることはできない。

これをパスしないと密輸扱いになるらしい。
ちょうど土日挟んだから時間かかったように見えるけど、実質丸1日ってところみたいです。

費用

日本だとどこで買ってもだいたい47,500円。
(買った後にサウンドハウスで40,000円切ってるの発見した…)

買う前の計算

商品が$400、送料が$22で合計$422。
送料は住所を入力したらサイト上で自動で計算してくれます。
買ったときの為替相場が1ドル76円くらいだったので、それにカード会社の手数料だなんだで、1ドル80円計算くらいちゃうかな、ということで「$422×80円/$=33,760円」を目安として考えました。

実際かかった費用

調査中。近日公開予定。
実はえらいことになっとったりして…

商品は無事か

問題ありませんでした。

通関手続きで「課税」と判断されると税金が必要になるようです。
今回引き渡しのときに1,000円払いました。

EXPRESS MAILと書いています。

外箱。けっこうボロボロ。

じゃーん。

ちゃんと音出ました。やっぱり音は手持ちのピックアップの中では最高です。
これに関してはまた録音付きレポートします。

とにかくテンションがうなぎのぼりです。早くライブしたい。

しかしこれは味をしめてしまったのでまた何か買ってしまいそうですな。弦とか。
国内需要に貢献せずすみません。

と思ったら

すぐガリが出て使い物にならなくなりました。
» 海外通販したら不良品だったので交換した