GREENROOM FESTIVAL 11に行ってきた

thumb

GREENROOMフェスティバルに行ってきました。1日目です。
目当ては完全にPONTIACSとSignalsです。
結論から言うと、終始最高でした。

入り口の様子。すでにフェスの雰囲気がムンムンです。

ちょっと遠くから見たところ。赤レンガっていつ来てもいいねぇ。

PONTIACS見た

COLD FINGER GIRLやってくれた!超かっこよかった…
照ちゃんがボーカルをとるBrand New Cadilacのカバーに超期待しとったけど、それはやらんかった。
そういえば原爆とミルクシェイクもやった。
ベンジー機嫌が良かったのか2曲おきくらいにピック投げとった。
いやー大満足。

ということでステージらへんの様子。これはたしかEMI MEYERがやっとるところ。
綺麗な歌声を持つするおねえさんでした。

それとBRAHMANのボーカルの人がやっとるらしいOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDっていうバンドがめちゃめちゃかっこよかった。バイオリン、アコギ、ウッドベース、パーカッション、ドラムという編成で、スコットランド系アメリカン人の人が歌うスタイル。
バンド名はなんかへなちょこだけど、本当に素晴らしい音楽でした。

こういう家は誰もが一度は憧れるよね。

Signals見た

照ちゃんが2mくらい先におるし…

CDは1stと2ndの両方聴いたけど、まったく違う音楽でした。
ベーシストとしてのキャリアの中で照ちゃんは、自分自身を主役にした音楽はやってこなかったと思ってるんやけど、それを解禁したというか。
サウンドとしてじゃなく音楽としての核をベースが担う、そんな音楽をやりはじめたのがちょっと衝撃的だった。
ライブ中はどえらい緊張感だった。
あと狂ったようにハーモニカ吹く人(名前忘れてもた)も衝撃的だったなぁ。

それよりも忘れられないのが、曲中の一瞬のブレイクに照ちゃんが「うおおおお!」。

見れなかったブランキーの最後のフジロックから11年。
照ちゃんのシャウトが見れた…やっと念願かなった…生きててよかった…
これは一生忘れんわ。

最後にはにかみながらメンバー紹介したのは微笑ましかった。

いやー大満足。

俺にとって「The ベース」。まさに神器。
このジャズベが世界一かっこいいと思っている。パシャリ。
ありがたやありがたや。

夜になりました。

海沿いの夜ってほんま素敵ね。
ハナレグミの曲が聴こえてきてなんか最高な気分でした。寒かったけど。

ハナレグミは超大盛り上がりでした。
実は1曲も知らんかったのだけど、この人すごいいい曲書く。
バックバンドもかっこいいし、めちゃめちゃ最高でした。

夏フェス未体験の自分にとっては、ちょっとしたフジロック気分を味わせてくれた素敵なフェスでした。
また来たい。ほんと良かった。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント

世の反応