楽器が上手い、ということを少し考えてみる

thumb_goodmusician

楽器がうまい、とはよく言うけれども、
それはリズム感がタイトなことを言うこともあれば、ピッチがいいことだったり、でかい音が出てることだったり、フレージングがよかったり、はたまた見た目がかっこいいことだったりと、それは10人評価する人がいれば10通りの色々である。

聴き手の琴線がどれであれ、どれかにピンとひっかかれば、「あの人楽器が上手い」と知覚されるのだろうと思う。

なんでこんなことを思ったかと言うと、ニコニコ動画の演奏動画を見ても、何が上手いのかさっぱり全く分からない演奏者にも一定の評価者がいる、という事実によく遭遇するからだ(もちろん逆もある)。

で、最近思うのは、人の数だけある多様な「評価軸」の中でも「音がいい」ということが、最も大切なんじゃないか、という気がしている。

超乱暴に言ってしまえば、ピッチが少々ずれてようが、リズムがちょい甘めだろうが、いい音出してりゃ聴く人はなんとなく幸せになれるんじゃねえか。
…と、学バン1年目の終りくらいに、他大のライブ見て思ったりした。
要するに、他に特筆すべき点はないけど、音色だけはやたらいいベーシストがいて、すごく感動したのである。

この感覚、あんまり横文字は使いたくないけど、「サウンド」という言葉がしっくりくる。

大学時代に曲のコピーとかメトロノームに合わせて、とかいう練習しかせず、サウンドそのものに対する研究や練習をほとんどしなかったから余計に今そう思うのかも。

例えばドンカマにも勝るような神がかり的なタイム感で超高速フレーズを演奏するプレイヤーがいても、サウンドが不快そのものではやっぱり聴く側としてはシンドイ。

もちろん楽器で食っていこうとするならいろんな評価軸にも合格点を与えられる演奏ができることが必須になるだろう。あくまでアマの自分から見たアマの評価の話である。
楽器によってもいろいろ意見はあるかもしれない。

特にウッドベースというものはその競技人口の壊滅的な少なさと、低温をうまく響かせるという物理原則的な難しさとで、いまだに画期的なシステムは開発されていない。
たとえプロのライブを見に行っても、ウッベの音質に首をかしげたくなることがしょっちゅうなもんだ。
ましてやアマチュアをやである。
山野に行ってまともなウッベの音を聴けたことが一度としてない。

とは言いつつも、そんなことを23くらいの時に思っておきながら、
特に音色を改善する努力をしなかったことが俺の愚かなところである。
もっと楽器に金かけときゃよかった…

で、寝ても覚めてもこの胸を突き上げる物欲と、何だか知らんが金を使いたくてしょうがない衝動と、学生時代に比べて遥かに金がある現実が無理やりフュージョンした結果、
機材の買い漁りに走っているわけである。

今はこんな機材です

【ベース】trb-jp2(yamaha)
 ↓
【コンプ】opto stomp(BBE)
 ↓
【プリアンプ】m-80 bass d.i.+(MXR)
 ↓
【ヘッドアンプ】400rb-3(gallien-krueger)
 ↓
【マキシマイザー】sonic stomp(BBE) 
 ↓
GT-R1(TASCAM)で録音

trb-jp2は音がめちゃめちゃ好きというわけではなくて、しかも6弦に拘ったわけでもないが、当時john patitucciが好きだったから買ったくらい。

「超地味な優等生」と言う感じの楽器です。
飛びぬけてすごい点は無いけど、デッドポイントもありません。
自分が持ってるyamahaというブランドイメージとぴったり一致します。

しかし節操無くバンドやってきた自分にとっては、そういうところが重要でした。
これでロックでもジャズでもポップスでもファンクでもフュージョンでもフルバンでも使えます。
というか使ってきました。

にしてもアクティブ臭がややきついので「やだなぁ…」とか思っていたら、
先日、購入後5年経って初めて、toneをゼロまで絞るとパッシブっぽい音になることが判明。
アンプでミドル軽く稼ぐともろジャコみたいな音がして、人生的にテンションが上がりました。

ヤッター

古めの曲をやる時はこれからこのセッティングで行くのだ。

フュージョンとかやる時にアクティブっぽく使いたい時は、いまだにいいポイントがつかめてません。
mxrのm-80は自分にはいまいちでした。歪みとか絶対使わんし…
巷で評判のcolorスイッチは、ハーモニクスが超埋もれるのでボツ。

試行錯誤は続く。
次はebs micro bass 2とかに手を出すつもり。
あとコーラス欲しい。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント