今更FF7の功罪について考える。「デフォルメすること」と「作家性」、とか。

ff7_thumb

なんでか急にこんなテーマを思いついたので書いてみた。もう15年前のゲームなんですな。

2年前くらいにPSPを会社の先輩から譲ってもらったのをきっかけに、高校生以来の2周目をやってみたんですが、当時よりもおもろいと感じました。それまでFFは4が一番好きだったんですが、その座を奪い取った感があります。海外含め、FFの評価は7が一番いいようですな。

で、この作品のどこにエクスタシーを感じるのか、ってちょっと考えてみたんですが、意外と思いつかないんですよね。「FF7はここが好きだ!」と言い切れるポイントが。
音楽、ストーリー、戦闘システム、ミニゲーム、うーん、どれが特にすごい!というわけではないです。

で、残った結論として、この作品が「ベンチマークとなったから評価された」んだと。そういう考えに至りました。

要するに「大作」という雰囲気をプンプン発散しているんですな。この作品。
ピンポイントとしてツボにハマるところがあんまりないんですが、総合評価としてすごくバランスがいい作品なんだと。
いや、異論反論認めますけど。

高校生の頃、弟と二人で「エアリスが死ぬのは納得がいかん」「いやあれが無いとストーリーが」みたいな議論をしていたところ、いきなり親父が現れて一言。
「おまえらは何をくだらない事で盛り上がっとるんだ」と。
(※親父も根っからのゲーマーでした)

黙る俺と弟。

親父「あのゲームは歴史を変えたやろうが」。

なぜか今となってもキョーレツに覚えているエピソードなのですが、今思うとこの親父の言葉がFF7という作品が持つエッセンスなのかな、と思ったりします。

とはいえ、「ゲームを変えた」というのはもちろん賛辞ですが、自分はそこに否定的なニュアンスを感ぜざるをえないです。実は。
その未来、つまり今のRPG界隈に対して賛辞を送れないからです。

昨今のRPGを乱暴に分けると「リアル路線」と「アニメ路線」と「ドラクエ」に三極化してると思ってます。
ここでいうリアル路線という系譜を作り上げたベンチマークとして、ファイナルファンタジー7は評価されますよ、という意味でここまで書いてきたわけです。
ちなみにアニメ路線は細々したものはありましたが、やっぱりテイルズオブファンタジアが金字塔になるんですかね。こちらはちょっと早くて1995年。
ドラクエは、ドラクエです。

で、結論から言ってしまうとリアル路線のRPGがどうしても好きになれない、ということになるんですが、これは別にデフォルメされたキャラクターしか好きになれないという意味で言ってるんじゃないんです。リアル路線という方向性は「作家性」が薄くなるという宿命を持つ、という意味で言っています。

作家性という言葉が分かりづらければ、世界観とか、オリジナリティとか、特徴とか、そういう言葉で置き換えて頂いても結構です。

昨年TGSに行った際に痛感したんですが、どのブースにも映画と見紛うばかりの(しかし劣化版)映像出展が目白押しの中、正直に抱いた感想は「どれも一緒やんけ…」だったんですね。

これはリアルという言葉が一点(=我々が生きている現実)を志向することを宿命としているからだと考えています。
ファンタジー系のフィクションというものは、「不自然さ」や「あり得ないこと」の表現を許容することで成り立っていると思います。
SFCまでは、ハードの技術の低さ故に「デフォルメするしかできなかった」、「どこをそぎ落として」「どこを劣化させて」デフォルメするか、そこで各作品の世界観の差がうまれたと解釈しています。

デフォルメすることを捨てた作品たちは、「現実的」という一点に収斂していくことを余儀なくされると。そこに向かっていく作品群に対して、自分は「あれもやりたい」「これもやりたい」というエクスタシーは感じてないというのが現状です。残念ながら。

じゃあアニメ路線。
ここでいうアニメ路線というのは、絵がアニメになっているという意味ではなくて、演出や世界観がテレビで見る「アニメ的な文法」に収まっているか、という意味で使っています。
で、個人的には相性が悪いです。

ということで自分の中ではドラクエが唯一のRPGブランドとして生き残っているわけです。

なんだかFFの話をするつもりがドラクエの話になってしまったので、今度書き直す。

結論

FF7は好きなゲームだし否定するつもりはゼロです。
ただ、このゲームが今のRPG界隈の方向性に与えた影響は大きく、個人的にはその影響を憂いています、という単純な事実を書いただけですので、悪しからず。

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント

世の反応