imasashi.net

[レビュー] Alive and Well in Paris / Phil Woods

phil_thumb

「ワンホーンカルテットで何かCDを」と言われると、まずこれが思い浮かぶ。

アンリ・テキシェというベーシストがかなりイカす!!
フランス生まれのベーシストってジャズの印象あんまり無いけど、彼のゴシゴシくるバッキングは黒人も顔負けの気持ちよさがある。音も好み。マクブライドの音を重く暗くした感じ。
ヨーロッパは弦楽に強いということで、ピッチもいいですねこの人。
やたらとフリーでソロをとりたがるのは、たぶんこの人の趣味。
この人45年生まれで、録音が68年ということなので、レコーディング時は23歳だったと。
えー。

1曲目の「And When We Are Young(放題:若かりし頃)」はロバートケネディへの追悼曲らしい。

自分は2曲目「Alive and Well」が大好きで、一番聴いた。パンクジャズな曲。
(たぶん自分が言う「パンク」の意味に誤解がありそうやけど)
モードの曲なのに、それを感じさせないウッズのソロが超素敵。まさに「歌い上げる」という感じ。
というか、このアルバムは全テイク全ソロが歌心溢れまくりで、サントラみたいな聴き方もできる。
だから普段ジャズ聴かない人にも聴きやすいんではないかと。

長い曲あり、短い曲あり、パンクな曲あり、しっとりした曲あり、でかなり緩急に富んだ内容。アルバム全体として、非の打ちどころがありません。
超おすすめです。

ちなみにフィルウッズ、パーカーが好きすぎて、パーカーの未亡人と結婚してしまったらしい。