ゲイリーウィリス「ベースを愛する101の方法」を読んだ

bass101_thumb

これ邦題があんまり良くないように感じるんですけど、原題は「101 BASS TIPS」です。
原題が示すとおり、ベース(エレキの方ね)に関する、たぶん筆者の経験を基にした小ネタ集です。

別に愛する方法ではないので、ご注意。

家の大掃除してたら福沢諭吉がヒラリと見つかったので、その勢いで買ってしまったのですが、冷静に値札をみると3,300円でした。80ページで。
た、高ぇー

内容はかなり幅広いです。
ハードウェアのメンテナンスに関する話題、弦交換のコツ、ソロをとるときのフレージングについて、とまっとうな話題が続くと思ったらいきなり「練習中はテレビを見るな」とかいう小ネタもあります。
紹介する小ネタのジャンル順がバラバラなので、最初から読むしかありません。でもそれは多分狙ってのことだろうと思います。多分。

読む人によってはどのtipsが刺さるかは違うとは思いますが、自分にとってはかなり益な情報もありました。
特に、左手のフォームに関するtipsを実践してみたところ、フィンガリングがいきなり改善。
ベース歴15年で手癖になっていたものが一瞬で覆るほど、インパクトのあるtipsもあったり。

あとはソロフレージングの説明も、巷のコード理論などの参考書とは異なり、「ベーシストってこういう罠にハマりがちだよね」というところからスタートしているので、ハッとすることが多かったです。

中身はこんな感じ。でかいわ。

書籍だからこそ価値がある

で、こういうtipsって、いまどきwebでちょっと調べれば答えがサクっと出てきます。
でもwebでの情報収集って、「今、自分が気になっていること」しか調べないですよね。
この本のいいのところは、「自分がそれまで問題とすら思ってなかったこと」に対する気付きを与えてくれるところです。
意外なところで「ほーなるほど」と思うところが多かったです。

この本、すべてのベーシストにとってお勧めとは言えないですが、自分は買ってよかったと思いました。

でも1,500円くらいでもいいような…

コメント

コメントをどうぞ(承認後に反映されます)




コメント